Takashi&Akane camp

二人キャンプ

キャンプの味方「アウトドアワゴン」と「キャリーカート」特集!

キャンプ

アウトドアワゴンが欲しい人「アウトドアワゴンってたくさんあるけどどれがいいのかな?重たいキャンプ道具を持って車からキャンプサイトを往復するのは大変だから楽したい。」

こんな疑問にお答えします。

もくじ

  • キャンプの味方「アウトドアワゴン」と「キャリーカート」特集!
  • 「アウトドアワゴン」でテントやキャンプグッズを一気に運ぶ!
  • 「キャリーカート」でクーラーボックスやキャンプグッズを詰め込んだボックスを運ぶ!
  • おまけ

こんにちは、タカイチです。
まるで料理研究家な相方さんと2人キャンプやソロキャンプを楽しんでます。

気になるキャンプグッズや使ってみてよかったものを紹介しています。

キャンプの味方「アウトドアワゴン」と「キャリーカート」特集!

重たい荷物を運ぶときにはアウトドアワゴンやキャリーカートがあれば便利です。

キャンプ場について駐車場からキャンプサイトまで重たい荷物を持って何往復もするのは骨が折れます。

重たくても使いたい道具ってありますよね。

スキレットやダッチオーブンやツールームテントだけで10キロを超えることはざらです。

そんな時にアウトドアワゴンやキャリーカートがあれば運ぶのが楽ちんです。

荷物の量で決める!アウトドアワゴンorキャリーカート


コーラやビールがパンパンに入ったクーラーボックスを運ぶ際に「アウトドアワゴン」や「キャリーカート」が大活躍!

キャンプ道具をボックスにまとめてみたものの「重すぎて運ぶの辛い」って状況になったことないですか?

荷物が大量ならアウトドアワゴンの出番です!

とはいえアウトドアワゴン自体もそれなりの重量があります。

折りたたんで収納ができますが軽自動車だと他のキャンプ道具もあって積むかどうか悩みがちです。

ソロや2人分のキャンプ道具で少量だけど重量があるものを運ぶ際にはキャリーカートで十分に感激ものです。


もっと早くかっておけばよかったって思います。

バックパック1つに荷物を絞り込んで行く際には不要なものですが、車に好きな道具を詰め込んでいくキャンプなら「アウトドアワゴン」や「キャリーカート」は感激ものです。

「アウトドアワゴン」でテントやキャンプグッズを一気に運ぶ!

コールマンのアウトドアワゴン

「コールマン」のアウトドアワゴンは使用者も多い人気商品です。

カラーバリエーションも豊富で、Amazon限定カラーやデニム地のものがあります。

耐荷重も安心の約100kgです。

ツールームテントにテーブルやチェア、スキレット、ダッチオーブンを一気に運べる容量と耐荷重です。

DODのアルミキャリーワゴン

「DOD」のキャリーワゴンです。

キャンプサイトによく馴染むブナ材を使った天板がオプションが販売されています。

荷物を運んだ後はテーブルに早変わりです。

「女性でもらくらく運べる」とありますが、10キロ程あるので注意してください。

アウトドアワゴン自体がそれなりの強度が必要なので、軽いといっても10キロほどの重量です。

ロゴスのラゲージキャリー


可愛い柄やデザインで女性キャンパーに人気の「ロゴス」

耐荷重は安心の約100キロです。

重量は約8.5キロとやや軽いかわりに入る容量が減ります。

アルパインデザインのキャリーワゴン


スポーツオーソリティのプライベートブランドである「アルパインデザイン」

もともと山岳地帯のコロラド州ボールダ―で生まれたブランドなのでナチュラルな色使いの商品が多いです。

キャリーワゴンと同じカラーのテントやチェアも展開されています。

タラスブルバTARAS BOULBA ビッグホイールワゴン


アルパインデザインと同じくスポーツオーソリティのプライベートブランドとなった「タラスブルバ」

もともとはアシックスが展開していた歴史のあるブランドです。

ブラックやハイテク素材を使ったカッコイイデザインが多いです。

「キャリーカート」でクーラーボックスやキャンプグッズを詰め込んだボックスを運ぶ!


空港や釣具屋さんに行くと置いてるキャリーですね。

ボートでの釣りでバッテリーやクーラーボックスを運ぶ際には、これがあるとかなり楽ができます。

キャプテンスタッグ

キャンパーや釣りをする人にも馴染み深いであろう「キャプテンスタッグ」

商品数の多さも魅力のひとつであるブランド。

キャリーだけでも数種類展開しています。


ロゴス キャリーカート

オガワキャンパル ( ogawa ) アルミカート

丈夫なテントで有名な「オガワキャンパル」
やはりアルミカートも高品質な作りです。

一般的なカートと違って本体の重量がありますが、耐荷重50キロというのは安心感があります。

タカミヤ パワーキャリア

釣具メーカー「タカミヤ」のキャリーです。

氷の海水の入った重たいクーラーボックスを運ぶためのキャリー。

釣り人からの支持が高いブランドです。

車でキャンプいくなら「アウトドアワゴン」や「キャリーカート」の導入が要検討です!

下記のような人にはオススメ致します。

  • 車でキャンプに行く
  • 駐車場からキャンプサイトまで距離がある
  • クーラーボックスの容量が10リットルを超えている
  • キャンプ道具がボックスにまとめている

そもそも重量のある道具が少ないなら不要なものですが、

収納ボックスがわりにアウトドアボックスを使用している人もみかけます。

是非、自分のキャンプスタイルにあった道具を見つけてください。