Takashi&Akane camp

二人キャンプ

暖色LEDランタン【ジェントスEX-136S】を使ってみた感想!

キャンプ

ジェントスのLEDランタン欲しい人「GENTOS(ジェントス)のLEDランタン欲しいけどソロや2人で使ったらどんな感じかな?370ルーメンって明るいの?」

こんな疑問にお答えします。

もくじ

  • 暖色LEDランタン【ジェントスEX-136S】を使ってみた感想!
  • 【ジェントスEX-136S】メリットとデメリット
  • マックス370ルーメンはソロならメインランタンで使えます!

こんにちは、タカイチです。
まるで野外料理研究家な相方さんと2人キャンプを楽しんでいます。
虫が多い夏場のシーズンはソロキャンプをします。

1年ほどジェントスのLEDランタンを使ってみた感想をお伝えします。

暖色LEDランタン【ジェントスEX-136S】を使ってみた感想!


結論から言うと暖色LEDランタンとしては優秀です!

キャンプサイトに映える暖色のLEDで、ソロから二人キャンプのサブランタンとして使用するのには十分な明るさです。

仕様

ジェントスのHPより引用

使用光源:高輝度チップタイプ暖色LED×10個
明るさ(約):370ルーメン(Highモード)
使用電池:単3形アルカリ電池×6本
点灯時間(約):9時間(Highモード)/ 18時間(Midモード)/ 142時間(Ecoモード)/ 60時間(キャンドルモード)
保護等級:耐塵・1m防水仕様(IP67準拠)
落下耐久:2m落下耐久
本体サイズ(約):φ78.0×141.5mm
本体質量(約):355g(電池含む)GENTOS HP

【ジェントスEX-136S】メリットとデメリット

メリット

昼白色だけでなく暖色の使用ができる。

キャンプサイトに映える暖色を使用できます。

炎に近い色で焚き火やランタンとの相性もいい照明の色です。

耐塵・防水使用になっている

・耐塵・1m防水仕様(IP67準拠)

上記の補足【IP67準拠】について

JQA 日本品質保証機構より引用

ILAC・MRAに加盟しているJNLA制度において試験所認定を受け、JIS C 0920(IEC 60529の整合規格)に基づく試験業務を行っています。各規格の保護等級に基づいて試験を実施し、試験結果として水・粉塵の浸入の有無を評価します。

また、IEC 60529/JIS C 0920を引用している製品規格(例として、JIS C 8105-1に基づく照明機器、JIS T 0601-1に基づく医療機器等)にも対応いたしますJQA 日本品質保証機構 HP

  • 最初の数字「6」が示す内容・・・粉塵の粉塵の侵入が完全に防護されている
  • 2番めの数字「7」が示す内容・・・水深1mの深さで、30分間水が入ってこない

つまり、ジェントスEX-136Sは、防塵・防水1mでアウトドア向けのランタンといえます。

キャンプ中には急な雨や砂埃などはつきものだからです。

特に山の天気は変わりやすいので、多少の雨に濡れても安心な防水機能は必須です。

キャリングハンドルとカラビナで使い勝手がいい

  • 上部・・・キャリングハンドル
  • 下部・・・カラビナ

上部のキャングハンドルで真下以外を照らすことができる

下部のカラビナが付いていることでテントのランタンフックに吊るしてテント内を明るくすることができます。

デメリット

使っていて特に支障がないランタンですが、あえてデメリットをあげるならばという内容です。

電池残量が少なくなると暗くなってくる

電池残量によって照らされる範囲が左右される。

とはいえ、サブで使用する場合には気にならない程度です。

電池残量が少ないとLEDランタン本体のランプが赤点滅するのですが、エコモードであれば赤点滅してからも数時間使用できます。

明るさよりもこの赤ランプの点滅がわりと目立つのが気になるところです。

ハイモードでの使用可能は時間が短い

ある程度使った充電式の電池の場合、満タンの状態であればハイモードで5時間程度は使用が可能でした。

とはいえハイモードで使用するような状況はあまりないので気にしてません。

見た目が写真映えしない

この手のランタンはオイルランタンなどと比べると写真映えしない見た目をしてます。

LEDランタンでもオイルランタンと同じような見た目のものがあります。

かさばりますが写真映えを重視するならそういったタイプを選ぶといいですね。

とはいえコンパクトな点がジェントのLEDランタンの良さです。

マックスで370ルーメンはソロならメインランタンで使える!

上記の通りで、ソロ用のテントなどでキャンプサイト全体を照らす際にはハイモードで十分です。

とはいえ手元を照らすサブランタンを別に用意した方が野菜を切ったりお肉を焼いたりする際など作業がはかどります。

薄暗いとお肉の焼き目が分かりづらかったり、刃物を扱う際の手元が危ないです。

テーブルに灯りを求めるなら暗めですがエコモードで長時間使用できます。

虫が多い時期にメインランタンは1,000ルーメン以上を用意してジェントスEX-136Sをサブランタンとして使用してあげるといいです。

メインランタンとサブランタンに明るさの差が少ないと、虫がどちらにも寄ってきます。

まとめ


LEDランタンとして優秀な商品の多いジェントスのランタンの紹介でした。

やはりキャンプサイトに映える暖色LEDというのがポイントですね。

また価格も3,000円程で防塵・1m防水というスペックが素敵です。

唯一この手のLEDランタンで言えることが、あまり写真映えしないという点ですね。