Takashi&Akane camp

二人キャンプ

KEVNHAUN(ケヴンハウン)のカッティングボードはお洒落でお手入れも簡単!

キャンプ

KEVNHAUNのカッティングボード買おうかな「KEVNHAUN(ケヴンハウン)のカッティングボードが気になるな。お手入れは大変なのかな?」

実際にスクウェアカッティングボードを使ってみたのでご紹介します。

もくじ

  1. KEVNHAUN(ケヴンハウン)のカッティングボードはお洒落でお手入れも簡単!
  2. 「ケヴンハウン」のスクウェアカッティング&ランチトレイの名前通りで両面使える!
  3. 光沢感が嫌だという場合は、最初からラッカー塗装されていないものを選ぶべき!
  4. まとめ

1.KEVNHAUN(ケヴンハウン)のカッティングボードはお洒落でお手入れも簡単!


美しい木目が楽しめるラッカー塗装されたカッティングボードです。

ナチュラルなデザインはパンやお肉にサラダなどの食材がよく映えます。

アウトドアや家庭でのご利用もオススメします。

KEVNHAUNスクウェアカッティンググボード

概要

大きさ:(約) W380mm / D215mm / H20mm
※若干の個体差があります。
重量:約400g
材質:天然木(アカシア) / クリアラッカー塗装

材質:アカシアについて

木材の中でも非常に硬い木材です。

腐食や摩耗にも強くカッティングボードに使われることが多い木材です。

オピネルナイフで調理していると刃跡がついてきました。


オピネルナイフで野菜やお肉を切っていると10回目の使用でだんだんと刃後が目立ってきました。

柔らかい木のように深い傷ではありません。

刃跡を目立たなくさせるなら紙やすりの#400で磨く

簡単にラッカー塗装ははがれないので#400で磨いても大丈夫です。

#400でだめなら#240くらいで磨いてあげましょう。

2.「ケヴンハウン」のスクウェアカッティング&ランチトレイの名前通りで両面使える!

  • フチに盛り上がりがあるトレイの面
  • 盛り上がりのないカッティングボードの面

どちらの面も材質は変わらないので、カッティングボードとして使用できます。

盛り上がりのある面を使用して切る時には短いナイフであれば支障ありませんが、長いナイフだと盛り上がった部分が邪魔で切りづらいです。

サラダにドレッシングをかけたり多少の汁気がある食べ物を乗せる際にはランチトレイの面がこぼれないので便利です。

ラッカー塗装の特徴

  • 耐水性がある(ただし完全防水ではない。)
  • 光沢がでます。(テカテカとした感じではありません。)

木目が綺麗なラッカー塗装で家具でも使われる塗装です。

ラッカー塗装について

ウレタン樹脂塗装と比べて塗膜が薄く木の質感を残したい場合に使われます。表面がなめらかで柔らかい光沢を放ちます。
◎ メリット
オイル仕上げと比べると耐久性や耐水性があります。
ウレタン樹脂塗装と比べると強度は劣るが、木の質感と使いやすさを両立できます。
◎ 使用上の注意
熱や水分には強くありません。テーブルはランチョンマットやコースターをご使用ください。無印良品

ラッカー塗装は耐水性があがるのでゆがみが出づらくなります。

カッティングボードをまな板のように使う場合には、反っていると切りづらくなります。

木材は水分を吸って乾燥することで徐々に反ってきます。

使用後はよく乾かしてから保管すること

乾燥させるときも吊るして干したりしてあげるといいです。

ずっとたてかけたままだと、それだけでも反りやすくなります。

3.光沢感が嫌だという場合は、最初からラッカー塗装されていないものを選ぶべき!


KEVNHAUN(ケヴンハウン)のカッティングボードはラッカー塗装されているので若干ですが光沢があります。

ラッカー塗装は耐水性があがるのでお手入れは簡単です。

ラッカー塗装の見た目が好みでない場合はオイルフィニッシュしたものを選ぶといいです。

もしくはラッカー塗装をとってあげるかです。

ラッカー塗装を剥ぐのはコスパが悪い

木材に塗料がしみこんでいるので少々磨いたくらいで完全にとるのは難しいです。

ラッカー塗装を剥ぐのを前提で買うのはコスパが悪いです。

ウレタン塗装に比べて弱い塗装とはいえ、紙やすりがすぐに目詰まりします。

紙やすりの#80~#100でといでいくといいんですが、はげない場合は剥離剤を
使用することになるのでお金がかかりますよね。

それに剥離剤の種類によっては木材をいためるので気を付けてください。

4.まとめ

カッティングボードの弱点である水や傷を減らすためのラッカー塗装がされている。

この塗装が苦手な方やよりナチュラルな雰囲気を楽しみたい人は、オイルフィニッシュされたカッティングボードを選びましょう。

ただし、オイルフィニッシュされたものだと、お手入れがより難しくなる点についてはご注意ください。