Takashi&Akane camp

二人キャンプ

ユニフレームのファイアグリル!まるで専用ケース!?「ヴィジョンピークスの収納ケース」

キャンプ

camper

「ユニフレームのファイアグリルが欲しいな。使って汚れたまま収納できる袋がほしいな。専用ケースならぴったりなんだろうだけど、他に合う入れ物ってないかな?専用ケースよりも安くてちょうどいい入れ物があったらいいな。」

そんな疑問にお答えします。

もくじ

こんにちは、タカイチライフのタカシです。
お料理上手なアカネと2人キャンプを楽しんでいます。

今回は、ファイアグリルの魅力と合わせてケースもご紹介します。

【ユニフレーム】ファイアグリルはキャンプ料理も焚き火も楽しめる

ファイアグリル
ユニフレームのファイアグリルは、初心者にオススメのキャンプギアです。

非常に使い勝手がよく人気のバーベキューグリルです。

ユニフレーム「ファイアグリル」バーベキューグリルと焚き火台として優秀

「ファイアグリル」のオススメな点

・バーベキューグリルとして優秀
・焚き火台として優秀

ファイアグリルはバーベキューグリルとして使えるだけでなく焚き火台として使うことができます。

欠点は、重たくてかさばってしまうところ

バックパックに入るような軽量な焚き火台と比べると重たくてかさばってしまうのが難点です。

重量こそありますが、しっかりとした作りで耐荷重に優れています。

camper

「収納性や軽量化を重視する徒歩でのキャンプには向きませんね・・・」

車やバイクでのキャンプに行く分には優れた相棒になってくれます。

【ファイアグリル】バーベキューグリルとして優秀!分散耐荷重20kgほど

ファイアグリル
ファイアグリルは、バーベキューグリルとしてとても優秀です。

分散耐荷重が20kgほどあるので、重たい調理器具でも安心して使用できます。

例えば、アウトドアのお料理で大活躍する「スキレット」や「ダッチオーブン」は、鋳鉄製でかなり重たい調理器具です。

鋳鉄製(キャストアイアン)の調理器具といえば有名なのがLODGEです

【参考】キャストアイアン(鋳鉄製)が有名なLODGE

・「LODGE」スキレット 8インチ(外径20.3cm):重量1.49kg
・「LODGE」ダッチオーブン 10 1/4インチ(内径:25.7cm):6.1kg

スキレットもダッチオーブンもキャンプと相性がいい調理器具です。

ただ、どちらも重たいので、焚き火台の耐荷重や安定性によっては使用をためらいます。

【参考商品】「LODGE」スキレット 8インチ


食材に対して熱が均一に伝わりやすく、お肉が美味しく焼けることで人気です。目玉焼きが普通のフライパンとは違う美味しさになります。

【参考商品】「LODGE」ダッチオーブン 10 1/4インチ


ピザやパイなどのオーブン料理が楽しめます。圧力鍋と同じような効果があるのでお肉や野菜が柔らかくホロホロに仕上がります。

分散耐荷重が20kgほどあれば、上記のような重量のある調理器具でも安心して使用できます。

ファイアグリルの付属の網だと変形しやすいので注意してください。

下記の別売りの商品を使うことで重量のある調理器具を安心して使用できます。

【別売り】「ヘビーロストル」重たい調理器具も安心しておけます。


通常の網よりも太くて頑丈です。

【別売り】「FGポットハンガー」ダッチオーブンを吊り下げれる


ダッチオーブンを吊るすことができます。

このように「ファイアグリル」は、アウトドアで料理をする際に人気のスキレットやダッチオーブンを使用することができます。

調理できる面積も広いので、スキレットで調理しながら隣でお湯を沸かすようなこともできます。家庭の2口コンロみたいに同時に調理できるのってすごく便利ですよね。

いろんなお料理に挑戦できるので、これからキャンプを始めるよって人にオススメです。

【欠点】ファイアグリルは小さく薄く折り畳めないので収納時はかさばります

とはいえ車やバイクでキャンプに行くのがメインの人であればそこまで気にならないと思います。

とにかく軽量重視であれば選択肢に入りませんが、まずはいろんな「キャンプ飯」を試してみたい方にはオススメできるバーベキューグリルです。

【ファイアグリル】焚き火台として優秀

ファイアグリル
一般的に販売されている薪ならそのままファイアグリルにおくことができます。

わざわざ短く切る必要がないので便利です。

焚き火台から薪がはみ出ると燃えカスが地面に落ちていくので芝を燃やしてしまったりとキャンプサイトを痛めやすいので要注意です。

【ファイアグリル】使用時のサイズ:約430×430×330(網高)mm


ホームセンターなどで売っている薪の多くは、30~40cm程度です。

短く切らずにそのままファイアグリルに置けるので手間いらずです。

ユニフレームのファイアグリルにぴったり合うケースを紹介


ファイアグリルは、何かしらケースに入れて運ぶことをオススメします。

ユニフレームから「ファイルグリル専用ケース」も販売されています。

大きめのトートバッグでも十分はいりますが、口を閉じれないと車での移動時に袋から出てしまう恐れもあります。

他のキャンプ道具を傷つけないためにも口が閉じれるようなケースやバッグに入れて運ぶことをオススメします。

【UNIFLAME】ユニフレーム ファイアグリル専用ケース


ファイアグリル専用なだけあって、ぴったりと収まります。
シンプルなデザインがユニフレームらしいですね。

【VISIONPEAKS】ピジョンピークス グリルバッグ 収納バッグ キャリーケース


専用袋と比べると高さが1cmほど短くつくられています。
とはいえ問題なくおさまるので、まるでファイアグリル専用といった感じです。
値段も本家の専用ケースよりも安価です。

土嚢袋(どのうぶくろ)


土のう袋にぴったりと収まります。
汚れも気にせず収納できて、傷んだら捨てって感じで使っていました。耐久性はいまひとつで収納時に引かかって破れたりします。

まとめ

ファイアグリル
初めてのグリルや焚き火台としてもオススメできる人気のキャンプギア

ユニフレームのファイアグリルのココがオススメ

・スキレットやダッチオーブンも使える安定性
・大きめの薪をそのまま使える

新しいグリルや焚き火台を買ったとしてもグループキャンプ用に持っていったりと何かと使えそうです。

購入時は専用ケースも合わせて購入することをオススメします。

ケース選びの際には耐久度にも注目です。

すぐに使えなくなるのはコスパが悪いですよね。

何かとあとまわしにしがちなバッグやケース類ですが、わりと重要なアイテムです。

専用ケースに2,000円ほど出すなら違うキャンプ道具を買いたいってなってました。

ただ実際買うと持ち運びも楽になるし、他の道具が汚れないしいいことしかないです。

欲を言えばカラーとか素材感を統一するとサイトもお洒落にみえます。

余裕があればケース類も一緒に買ってみてください。