Takashi&Akane camp

二人キャンプ

【尾上製作所】キャンプ飯が楽しくなるマルチハンガーの使い方!

キャンプ

camp_takibi_man_winter

「尾上製作所のマルチハンガーが気になるな。お気に入りのキャンプギアを掛けたり、焚火してダッチオーブンやスキレットで調理したいな。実際にどんな感じで使っているのか教えて欲しいな。ちなみにお手入れってどうしてるの?」

そんな疑問にお答えします。

もくじ

こんにちは、タカイチライフのタカシです。
お料理上手な相方さんと二人で毎月のようにキャンプに出かけています。

今回は、相方さんからプレゼントしてもらった「尾上製作所 マルチハンガー」をご紹介します。

【尾上製作所】キャンプ飯が楽しくなるマルチハンガーの使い方!

stainless dutch oven (1)
上記の画像では、別売りのパーツセットも組み合わせています。

マルチハンガーを使うとキャンプでのお料理がさらに楽しくなります。

調理器具やダッチオーブンなどお気に入りのキャンプ道具をかけて焚き火で調理をすることができるからです。

ダッチオーブンの他には、シェラカップやトングをかけたりできます。

「アレどこいったかな?」っていうのが減ると思います。

ボクは焚き火用のトングをしょっちゅう見失います。

マルチハンガーに焚き火やキッチンまわりの道具をかためておけば、お料理もはかどります。

お気に入りのキャンプ道具にかこまれながらお料理するのは楽しいものです。

キッチンまわりの道具以外には、ランタンハンガーとしても使用できます。

onoe multi hanger (15)
ランタンハンガーとしてはサイト全体を照らせるような高さはありません。

とはいえ焚き火をしているあなたの周囲を照らす分には丁度いい高さです。

ランタンを足元に置いておくよりも、少し高い場所におくだけで周囲をさらに照らせます。

尾上製作所について

当社は昭和23年の会社設立以来、家庭用品のメーカーとして自社ブランド商品を製造し、全国に販売してまいりました。・・・引用:尾上製作所HP ご挨拶より

歴史の長い会社で、今ではバーベキューコンロなどレジャー用品に力を入れています。

人気商品である「マルチハンガー」や「マルチファイヤーテーブル」をよりマルチに使えるような商品展開や提案をしてくれています。

尾上製作所のアイテムは揃えていくことで、1+1が3にも4にもなる楽しさがあります。

マルチハンガーについても、これだけで焚き火が十分に楽しめるアイテムですが、オプションパーツや別の商品と組み合わせることで色んな使い方ができるようになります。

マルチハンガーの使い方

onoe multi hanger (2)
上記の画像は、別売りのパーツセットも含めた内容です。

アングルパイルとハンガーの組み合わせで様々な使い方が出来ます。

例えば、フルセット(製品すべて)を使えばダッチオーブンや調理器具を吊るすことができます。


アングルパイル1本とハンガー小(Rピンで固定)だけでもダッチオーブを吊るして料理をすることができます。

残った製品だけでも活用ができるので、自分好みのスタイルを見つけるのも楽しみのひとつです。

製品内容(フルセット)

・ハンガー大:鉄(塗装)×1
・ハンガー小:鉄(塗装)×2
・アングルパイル:鉄(塗装)×4
・留め具:鉄(塗装)×2
・Sカン:鉄(メッキ)×2
・Rピン:鉄(メッキ)×3
・バッグ:ポリエステル

RピンとSカンは小さいので紛失注意です。

onoe multi hanger (1)
僕はさっそくRピンを1個紛失しました。

小さくて黒いので見失いやすいのが難点です。

お手入れのための再塗装の際に、いっそのこと色を買えても良いかなって考えています。

【デメリットとメリット】尾上製作所「マルチハンガー」


結論から言うとデメリットを補ってあまりある便利さと楽しさがあります。

実際に使用してみて気になった点をまとめてみました。

下記のとおりです。

デメリット

  • 重たい(フルセットで約5.3㎏)
  • オプションが無しだとややマルチ
  • 錆びるのが嫌ならお手入れが必要

重たい(フルセットで約5.3㎏)

製品すべてを使用するなら重量が約5.3㎏と重たいので、車移動でないと厳しいです。

あと持ち運び用のバッグがありますが、ぶっちゃけ担ぎづらいです。

肩に掛けて持ち運ぶには、なんだか重心が定まらない感じです。

個人的には中心に持ち手がついて横に倒した状態の方が安定して運びやすそうだなって思います。

オプション無しだとややマルチ

マルチハンガーっていう名前の通り「物を掛ける」ことがメインになります。

ランタンを掛けたり、焚き火まわりトングや手袋を掛けておいたり、調理器具を掛けたりと活用することができます。

コーヒーでも飲みながら掛けられたお気に入りの道具を眺めてるだけでも不思議と気分があがります。

ただ準備する手間暇考えると掛けて使うだけだと物足りないかなって思います。

ぼくはマルチハンガーを持っていないのに「パーツセット」だけ先に購入しました。

ちょうど発売前で、これは売れてしまうって思ったので予約購入しておきました。

パーツセットがあると一気にマルチハンガーの活用方法が増えてくれます。

錆びるのが嫌ならお手入れが必要

ブラックの塗装が剥げたところから錆びついていきます。

アングルパイルはハンマーで打ち込む際に頭の塗装が剥がれてきます。

ハンガーを差し込む際にもこすれて塗装が剥がれてきます。

そんな時は、再塗装すればOKです。

心配だったので尾上製作所にもお問合せしました。

後ほど解説します。

【メリット】さらに重量が増すけどパーツセットや既存の製品を組み合わせてさらに魅力的に

利用者の要望で販売されたパーツセットの他にテーブルを「マルチハンガー」と組み合わせて使うことができます。

「物を掛ける」だけだったマルチハンガーに「物を置いて」使うことができるようになり、さらに汎用性がアップします。

一気に全部そろえると、それなりにお金が掛かります。

とはいえ、便利さも組み合わせる楽しさも一気にアップします。

全体がブラックで統一されている点もカッコいいですね。

マルチハンガーパーツセット

onoe parts set
2020年に発売されてすぐに完売していました。

ハンガー大が2本ありますが塗装の質感が少し違っていました。

個人的には気にならない範囲でした。

気になる人は、気になるかなっていうレベルです。

あと、どの製品もそうなんですが、長くキレイに使おうと思えば自分で塗装などのメンテナンスが必要になるので、メンテナンスに使用する塗料を統一すればいつか同じ質感になります。

マルチスタンドplus

マルチハンガーパーツセットが完売して、しばらくした後にこちらも完売していました。

ソロキャンプだとサイドテーブルにちょうどいいサイズで単体でも使用できる上にマルチハンガーパーツセットも併用することで高さのあるテーブルとして使うこともできます。

マルチファイヤーテーブルⅡ


こちらのテーブルもマルチハンガーと組み合わせて使用することができます。

焚火を囲める囲炉裏テーブルとしても人気です。

従来品とちがって、新しくなったこのマルチファイヤーテーブルⅡは、横一列に連結して使用することもできるようになりました。

鉄鋳物グリル

ひとまず「マルチハンガーパーツセット」の購入がオススメです。

onoe multi hanger (11)
これがあれば、キャンプ道具を掛けるだけだったマルチハンガーにキャンプ道具を置いて使用することができるようになります。

マルチスタンドPlusやマルチファイアテーブルを載せて使うときにも使用することになります。

残念ながら2020年1月7日現在は完売して入荷待ちの状態です。

キャンプサイトを簡単にかっこよくしたい

尾上製作所でキャンプ道具を揃えるとかっこいいキャンプサイトが作りやすいです。

なぜならキャンプ道具の大半がブラックで統一されているから。

なんだかキャンプサイトがオシャレじゃないし写真映えしないな。

そんな時はキャンプ道具の「色や質感、形」を揃えてキャンプサイトをコーディネートしてあげましょう

尾上製作所はブラックのキャンプ道具が多いので、キャンプサイトの全体のバランスが取りやすくてカッコよく仕上げれます。

全て黒だと雰囲気が重たくなりがちなのでウッドアイテムも取り入れてあげると温かみがでます。

尾上さんのアイテムの中だとアイアンレッグにワンバイ材


アイアンレッグにワンバイ材をつくって自分だけのテーブルができます。

マルチハンガーにマルチスタンドを組み合わせてテーブルにするのも代わりに木材を使ってみるカスタムも楽しそうです。

塗装が剥げた時のお手入れ方法【再塗装する】

onoe multi hanger (17)
マルチハンガーの塗装が剥げた時のお手入れ方法は、艶消しスプレーで再塗装すれば大丈夫です。

穴とハンガーの経にそんなに余裕がないので差し込むさいにハンガーをグイグイしてたら部分的に塗装が剥がれてしまいました。

剥がれて地の銀色が見えてくる感じも使用感がでて好きですが、放置しているとそこから錆びてしまいます。

どうすればいいか分からなかったので尾上製作所にお問合せしました。

結論としては、先ほどお伝えした通りで

市販されている塗装スプレー(ツヤ消し)を使用する

やはりスプレー塗装してあげるといいそうです。

金属に使える塗装スプレー(艶消し)ブラック


金属を塗装する場合、いきなりスプレーするんじゃなくて、まずは錆落としをしたり錆止め剤を塗ります。

マジックペンなど塗料で有名なアサヒペンで塗装方法について金属への塗装について調べました。

サビやはがれかかった塗膜を皮スキ・ワイヤーブラシ・サンドペーパーなどで落とし、ペイントうすめ液を用いてウエスで拭きとり、サビ止め塗料を下塗りします。よく乾燥してから油性シリコン鉄部用などを上塗りします。
アサヒペンには簡単なサビおとしで、直接塗れる油性高耐久鉄部用があります。引用:アサヒペン 塗装場所/素地との相性より

とはいえ、毎回塗装が剥げるだびにこの工程はぶっちゃけめんどくさいなって思いました。

僕は、かんたんで手間もかからない黒錆加工をすることにしました。

※尾上製作所でも推奨されているわけではないので、完全に自己責任です。

ただ、面倒な処理がなく、スプレーするだけなので超かんたんですよね。

アウトドアだとナイフを黒錆加工する人は多い

今回は加工といっても赤錆にスプレーするだけです。

ちなみにナイフの場合は、ちがった方法で黒錆加工するのが一般的です。

赤錆を黒錆に変化させるスプレー


お値段が2,000円ほどのスプレーで少しお高めでした。

ただ塗装が剥げた箇所にスプレーするくらいなら1回でそんなに量を使わないのでコスパいいかなって思います。

面倒な錆取りも不要でスプレーできます。

お試しで黒錆に加工したいなら塗料タイプ


ハケとカップ付きです。

マルチハンガーも派手に塗装が剥げるわけじゃないので少し剥げて錆びてきたらお試しで加工してみてはどうでしょうか。

もう一つ悩んだのが耐熱のスプレー


こちらはバイクのマフラーなどに使用するスプレーです。

マルチハンガーは、がんがん焚火するときに使うので、「コレいいやん!」

そう思ったんですが、処理がかなり面倒でした。

乾燥させてから、200℃程度の温度で1時間加熱すると硬化

焚火で塗装箇所全て加熱するのも無理があるし、ガストーチで1時間加熱って考えたら「これはムリ」って思いました。

最後に

stainless dutch oven (4)
焚き火でのお料理が便利で楽しくなるマルチハンガー

重量があり、お手入れは必要ですが、使いかたは自分次第でマルチ活躍するキャンプ道具です。

車での移動がメインの方にはオススメできるキャンプギアです。

ダッチオーブンと合わせてプレゼントしてくれた相方さんに感謝です。

今回の主役、マルチハンガー


見た目通りズッシリと重たいマルチハンガー

それでも使いたくなる魅力があります。

生産が追いついていないようなので気になる方は早めにチェックしたほうが良さそうです。