Takashi&Akane camp

二人キャンプ

【簡単】DDタープ4×4m「ダイヤモンド張り」張り方と道具紹介

キャンプ

camper

「DDタープ 4×4でダイヤモンド張りってどうやって張るのか教えて。ダイヤモンド張りならタープの下や付近で焚き火しても大丈夫かな?」

こんな疑問にお答えします。

もくじ

こんにちは、タカイチライフのタカシです。

まるで料理研究家なあかねとふたりでキャンプを楽しんでいます。

デイキャンプで重宝しているDDタープのダイヤモンド張りについて解説します。

DDタープ 4×4m「ダイヤモンド張り」の必要な道具


正方形のDDタープでできるダイヤモンド張りの張り方について説明します。

DDタープの「4×4m」と「3.5×3.5m」、「3×3m」のどれでも出来る張り方です。

スクエアタイプのDDタープはループが19個ついています。

ループの数が一緒なのでどれを選んでもダイヤモンド張りができます。

僕も使っているDDタープ 4×4mは、2人キャンプやファミリーでも十分使える大きさです。

【ダイヤモンド張りに必要なもの】

  • DDタープ
  • ポール・・・2本
  • ロープ・・・2本(1本の長さは5m程がオススメ)
  • ペグ・・・4本
  • ハンマー

基本的に上記の道具が揃っていればダイヤモンド張りはできます。

ダイヤモンド張りに使用するタープ「DDタープ 4×4m」


正方形のDDタープの中で一番大きな4×4mサイズです。サイズの選び方は後半で解説します。

4×4mはダイヤモンド張りで二人で過ごす際にもゆったりと過ごせるサイズです。

【ダイヤモンド張りをする際のオススメなポール】ロゴス システムロックポール


ダイヤモンド張りをする際は高さがだせる長いポールがオススメです。

ちょうどいい長さは、タープのサイズによって異なります。

長さは、90~230cmまで5cmきざみ(28段階)で調節が可能です。

【ダイヤモンド張り】ポールの長さの目安

・タープのサイズ3×3m:180~190cm程度
・タープのサイズ4×4m:210~230cm程度

ポールを長くすると高さが増して後ろの空間が使いやすいです。

僕らは、DDタープの4×4mでダイヤモンド張りをする時はポールを230cm程の長さで使用しています。

ポールが短いと後ろも低くなってデッドスペースが増えてしまいます。

参考記事:【メインorサブ!?】タープポールの用途に合わせた選び方を解説!

【ダイヤモンド張りをする際のオススメなロープ】TOUGH-GRIDタフグリッド 750ポンド ミルスペックパラコード 100フィート【正規品】


ミルスペックのタフグリッドのパラコード。

750ポンドは最小破断強度が750ポンド(約340kg)であることを表しています。

約340kgに耐えられることから、かなり信頼性の高い数値であることがわかります。

またロープワークを行いやすいのでオススメのロープです。

【ダイヤモンド張りをする際にオススメなペグ】エリッゼステーク 28cm


ダイヤモンド張りは、風の影響を受けやすいので、信頼性の高い約30cmの長さの鍛造ペグをオススメします。

参考記事:【鍛造ペグ】長さの選び方!30cmがオススメです!オススメのペグ4種を紹介

こちらのエリッゼステークだと近い長さが28cmのタイプです。

類似のペグはいくつかある中で、エリッゼステークは、カラーバリエーションが豊富なので色を選べる楽しみがあります。

【ダイヤモンド張りをする際にオススメなペグハンマー】スノーピーク(snow peak) ペグハンマーPRO.C (N-001)


スノーピークの経年変化が楽しめるペグハンマー。ヘッド部分が銅のタイプは、硬い鍛造ペグを叩いているとだんだん潰れてきます。

使い込んで自分だけのペグハンマーという雰囲気がカッコいいです。

参考記事:【大型テントには、鍛造ペグを使おう】オススメのペグハンマー7選!

【ダイヤモンド張り】テクニックや環境次第でペグやポールは不要!

ブッシュクラフト
ダイヤモンド張りに限らず、タープを張る際は、テクニックや環境次第でペグとポールは持参する必要がありません。

ブッシュクラフトが好きな人ならペグやポールは木を利用してみよう

・ペグ・・・枝を削って作り出す
・ポール・・・倒木を利用したり、高さがある枝に直接結ぶ

上記のように自然のものを利用する方法で荷物を減らすことができます。

この場合は、ナイフを扱う技術やロープワークの知識が必要です。。

ただ、整備されたキャンプ場だと、都合よくペグになる枝が落ちているとは限りません。

主に山間部へでかける際に限定される方法ですね。

今回は、ナイフの技術やロープワークの知識があまりなくても道具を使って張れる方法を説明します。
参考記事:【オススメ】ペグとペグハンマーを持ち運ぶ為の丈夫な収納ケース

【手順】DDタープ4×4m「ダイヤモンド張り」

DDタープ ダイヤモンド張り
先程ご紹介した必要な道具を使ったダイヤモンド張りの手順を解説します。

【手順】

  1. 正面(i)をどの位置にするか決めたらループ(i)と対角のループ(a)をピンとはった状態で仮止めのためにペグダウンします。(強風でなければペグを少し打ち込んで置く程度で大丈夫です。)
  2. ループ(r)にロープ(1)を結んでおきます。ロープの反対は最後にペグダウンします。
  3. 次に(p)と(b)ペグダウンします。このペグはしっかりと打ち込んでください。
  4. そして仮止めの(a)と(i)のペグを抜きます。ポール先端にロープ(2)、ループ(i)の順に掛けたら立ち上げます。この時ポールは(a)の方向に倒すと安定します。
  5. ロープ(2)をポールとは反対に向かって引っ張ったらペグダウンします。
  6. 最後にロープ(1)をロープ(2)と反対向きに引っ張ってペグダウンしたらダイヤモンド張りの完成です。

張り方は非常にシンプルで簡単です。

DDタープのダイヤモンド張りはタープの近くで焚き火しやすい

焚き火
ダイヤモンド張りをするとタープの近くで焚き火をしやすくなります。

タープの張り方の中でも高さがだせる張り方なので、焚き火とタープの距離が離れるからです。

とはいえ、万が一火の粉が飛んだ際にはタープに穴があく恐れがあります。

できれば風防を用意することをオススメします。

風防で前方からの風の影響も火の粉が大きく舞う心配を減らしてくれます。

【風防】焚き火の風の影響を減らす

焚き火に直接、風があたらないように風防をつかいましょう。

火の粉が舞いづらくなります。

強風じゃなくても火が安定するので薪の持ちがよくなります。

焚き火台よりも高さがある風防を選びましょう。

ここまでしても火の粉が舞うような強風の際は危険です。

BUNDOK(バンドック) 焚火 リフレクター


火の粉に強いコットン素材の風防です。

軍幕との相性がいいカラーです。

重量も700gほどで持ち運びにも便利ですね。

YOLER(ユーラー)大型風防板


展開が楽ちんな大型の風防板です。

焚き火に対する風の影響を減らしてくれます。

冬場は反射熱で暖かくなって快適です。

とはいえ、夏場は暑すぎるくらいなので注意して下さい。

密集したキャンプ場で強風の時に焚き火はやめておきましょう

お気に入りのタープやテントに穴があくだけでなく火災の危険があります。

自分の道具なら自業自得ですみますが、密集したキャンプ場だと周りのキャンパーのテントやタープにあける恐れもあります。

焚き火の火の粉は風にまってしまうので気をつけてください。

少しキツめの言い方になってしまいましたが、安全に楽しくキャンプができるのが一番です。

【最後に】「DDタープ」でダイヤモンド張りをするときのオススメサイズについて

例えば2人でキャンプする際にDDタープで「ダイヤモンド張り」をするなら4×4mがオススメです。

余談ですが、ステルス張りをする時も4×4mあれば2人でも快適な広さです。

DDタープは正方形と長方形のタープを展開しています。

・正方形:スクエアタープと呼ばれます。
・長方形:レクタングラータープと呼ばれます。

タープの張り方によって快適に過ごせるサイズはかわります。

ちなみにダイヤモンド張りの場合は、影ができる範囲が少なめです。

繰り返しになりますが二人でキャンプする際にDDタープで「ダイヤモンド張り」をするなら4×4mが快適に過ごせるのでオススメです。

DDタープ(正方形)で「ダイヤモンド張り」をするオススメのサイズ

  • 1人なら「3×3m」or「3.5×3.5m」がオススメのサイズ
  • 2人なら「3.5×3.5」or「4×4m」がオススメのサイズ

ダイヤモンド張りの場合、日陰になる面積が狭いです。

大人数の際には別の張り方がオススメです。

DDタープ(スクエアタープ)のサイズ展開

3つのサイズから選ぶことができます。

無地と迷彩が展開されています。

また軽量化したSuperLight(スーパーライト)というタイプもあります。

DDタープ 3×3m

DDタープ 3.5×3.5m

DDタープ 4×4m